見晴らしのいい家

特徴を知る

白い屋根の家の模型と設計図

注文住宅は住む人のイメージに合わせた住宅を建築することができるので非常に魅力的な建築方法です。住宅を建築する際には複数の人が設計や施工に携わります。
これらすべての人がきちんと自分の職務を全うしてくれる会社に依頼しなければ欠陥住宅などのトラブルが発生してしまいます。とはいえたくさんある建築会社からより良い建築会社を見つけることはとても困難と言えます。
同業者であってもすべてを見極めるのは難しいのです。そんな時に一番参考になるのが一番最初に建てる人と接する営業担当者です。
この人が信頼できるかで住宅への満足度が大きく変わります。良い営業担当者というのは建て主の要望を何でもはいはい聞いてくれる人ではありません。
きちんと要望に沿った形の提案をしてくれる人です。また、面倒と感じるかもしれませんがそれらのやり取りをしっかり書面に残してくれる人です。
反対に口約束ばかりの営業担当者は注意が必要です。

多くの建て主にとって住宅の建築は初めての経験です。
今までこういった住宅に住みたいなどイメージしていたものが多い場合それらすべてを実現することは限りなく不可能に近い場合が多いのです。
現在住宅を建築するためには建築基準法などの法律が存在します。
この法律は海外と比較すると厳しいという指摘もありますが地震大国日本で適用されるものなのでそれは仕方がありません。
むしろこの法律を守ることで住む人の命が守られるのです。
耐震基準など満たさなければならない要素がたくさんありこういったものの中には建て主のイメージの実現の足かせとなってしまうものも少なくありません。
こういったときによりイメージを壊さない代替案を提案してくれる人を選択する必要があるのです。